CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ピュアディオの取り付けはかっこ悪い?!
札幌店野田です。

たまにお客様から言われることがあります。それは…

「このツイーターの取り付けってここじゃなきゃだめなんですか?できればダッシュボードはスッキリさせたいんですが…」
RIMG0378.jpg


よく雑誌に載っているようなピラーに埋め込んで取り付けしたいんですという要望もありますが、ピュアディオではツイーターはダッシュボードの上に乗せるように取り付けします。

見た目的にはたしかに埋め込んだ方がかっこいいですが、ピュアディオがやらないことは必ず意味があるんです。

理由は3つです。

      ①埋め込んでしまうと角度や位置の微調整がきかない。

      ②ピラーの裏は鉄板なので、ツイーターのマグネットの磁力線がゆがんで、音もゆがんでしまう。

      ③コストがかかった割りに音に反映されない。

①は、高音は指向性が強いという特性があります。縦の角度、横の角度、取り付け位置の微調整は音を聴きながら最適な位置に調整しないといけません。埋めてしまっては調整はほぼききません。

②はツイーターは高音用スピーカーなので、裏側にマグネットが付いています。鉄板がすぐ後ろにあれば磁力線はゆがんでしまいます。

③は、かっこよく埋め込むとコストがかかります。その分を他の部分に回したほうが絶対に音は良くなるはずです。オーディオは良い音を聴くためのものですから、ハードの性能は最大限生かさないと意味がありません!

その他にも回りが壁に覆われるので、ツイーターから出た音が、後ろに回り込もうとするので、壁にあたって、必要な音の邪魔をしてしまいます。結果、どこかにごった感じになってしまいます。


ピュアディオの取り付けがかっこ悪いのは「音の為」で、「お客様の為」だったんです!



【2008/09/08 (Mon)】 未分類 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://puredio.blog123.fc2.com/tb.php/814-76eed9b3
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 puredioblog All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。