CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
マイカー チューニング
福岡店柳井です。

雪、凄いですね。
スタッドレスタイヤもチェーンも持ってないので、
積もらないと良いのですか・・・
去年の今頃に積もった雪を思い出してしまいました。
画像061217 009 ←その時の写真です。

こうなってしまったら、徒歩通勤になってしまいそうです。

2010.1.13 001
今日の昼間の写真です。
これぐらいで済んで欲しいですね。



話しは替わって、休み前に自分の車にもPメタルとSWRを付けました。
「まだ付けてなかったのか!」
と言われそうですが、まだ付いてなかったのです
お客様優先で取付けていたので、商品に少し余裕が出た、今頃になってしまいました。

でも、そのおかげ?で効果の確認と必要性を再確認出来ました。
いつも聴いている自分の車だと、解り易いですね。

ボーカルが浮き出てきて、とても聴きやすくなりましたよ。
気持ち良~く聴いていると、気が付けばいつもよりボリュームが上がっていて
少し焦りましたけど・・・
スポンサーサイト
【2010/01/13 (Wed)】 未分類 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
スピーカー交換! ホンダ ライフ
札幌店野田です。

今日はライフのご紹介です。
P1080966.jpg
P1080097.jpg施工前→施工後P1080965.jpg
P1080963.jpg


アウターバッフルを作成し、スピーカー交換をしました。

ライフをはじめ、軽自動車や、プロボックスなどダッシュボード上両端にスピーカーが上向きに着いている車種では、

「低音が物足りなくって、もう少しはっきり聴こえるようにしたい!」

との相談を頂くことが多いです。


ダッシュボード上にスピーカーが着いている状態では、ほとんどがスピーカーの裏側が密閉されていない為に、背圧の抑制が出来ず、うまく低音も出てくれません。またスピーカーの口径も大きい物が入らずユニットにも限界があります。

そこでお役にたつのが「アウターバッフル」です!

ドア内張りにスピーカーの土台を作成し、ドアの鉄板部をスピーカーボックスとして使えるようになり、スピーカーユニット選びの自由度も大きく広がります!

アウターバッフルの施工で全体のバランスが良くなり、「音楽が楽しめる」ようになりましたよ!


あ、一つ忘れていました!

インナーバッフルや、上向き、アウターバッフルでの取り付け、さらに当店のアウターバッフルではスラント(ドライバーのほうに角度を向けて作成)の取り付けなど、スピーカーの取り付け方は様々です。

そんな様々な取り付け方をしてもピントの合った音を楽しめるのは、ピュアコンがキメの細かい周波数コントロールが出来るからです!


まさに相乗効果です
【2010/01/13 (Wed)】 未分類 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 puredioblog All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。