CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
必死な作業姿?!
宇部店の岩崎です。

H20年式のトヨタ:クラウン(CROWN)を先日より
お預かり。
2008.7.10 045

目に見える箇所では有りませんが、
音には重要な影響が出る電源系の見直しです。
2008.7.10 047


トランクのフタに上半身突っ込んでひたすら作業を
しているピットスタッフの姿

車の形状から見て、まるで鯨に銜えられた人の様でした。

トランクのフタは勝手に落ちてきたりしないのか
何気に疑問に思っちゃいました


スポンサーサイト
【2008/10/31 (Fri)】 未分類 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
MR.BIG
札幌店野田です。

昨日は朝から何故だか分らないのですが、「MR.BIG」というアーティストの曲を聴きたくなり、朝からVOL上げ気味で出社、帰りももちろん聴いて帰りました。そこそこ古い録音で、ちょっとうるさいですがとても楽器の音が鮮明で気持ちが良かったです!

聴いていたのは「BIG、BIGGER、BIGGEST!」というBESTアルバムなんですが、実は初めて聴いたのはたしか中学校一年生?くらいだったと思います。中学校の時は毎日のようにカセットテープで兄に録音してもらった物をウォークマンで聴いていました。

ということは、僕が今26歳ですので14年位前?のCDを未だに聴いているってことですよね!

ですが、当時聴いていた時には聴こえなかった音が、今自分の車で聴くと本当にたくさん聴こえてきます。ウォークマンで聴いていた時はアコースティックの曲での曲に入る前のギターを叩く音なんかまったく響きが無くて、スティックか何かを叩いていると思っていましたから。今ではギターの鳴りや手の感触も聴こえてきそうです。これだからオーディオって楽しいんですよね!

みなさんもたまに昔聴いていたCDを引っ張り出して聴いてみてはいかがでしょうか??なにか新しい発見があるかもしれないですし、とても新鮮ですよ!
【2008/10/31 (Fri)】 未分類 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
やっちまったなぁ~
福岡店柳井です。
やってしまいました
本日ツィータースタンドを作製していまして、
ヤスリで形を整えている時にそれは起きました。

ジョリィ~ッ!!!
「痛っ!」

自分の指を削ってしまいました。

夢中になりすぎ?

傷?は大した事無いのですけど、
この手のすり傷は、ジンジンと長く痛むのが辛いです。
【2008/10/31 (Fri)】 未分類 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ラフマニノフ と マイスキーと トンカツ
宇部店:早崎

先日TVの音楽番組を見ていると、懐かし”ゴスペラーズ”が出ていました。(ファンの人に怒られるかな?)
たしか、”SKY HIGH”なる曲だったような...

その曲をTVで見てると、どこかで聞いたことのあるメロディー
ん~~~と、ずーっと悶々としていたら、突然思い出したのです
『ラフマニノフ』 そーなのです、やっとすっきりしました。

で、色々調べたら、”のだめカンタービレ”というアニメの曲なのだそうです。
以前ドラマでありましたね!
こちらでは、放映されてませんので(深夜アニメというのだそうです)目にイヤ耳につかないはず...

久々に「ラフマニノフ」...舌を噛みそうですが
なぜに、この偉大なる作曲家&ピアニストを私が知っているのかと言いますと
実は......ジャーン...彼の没日が私の誕生日と一緒なんです...チャンチャン
ではなく、昔の映画等でよくつかわれていたのですね、特にピアノ協奏曲は
「逢びき」「旅愁」「七年目の浮気」等
要するに、映画についてうんちくをたれはじめの頃に見た昔の映画に使われていたのです。
「シャイン」でも使われてたかな?
でっ印象に深く残っていたと言う訳です。

では、タイトルのマイスキーは?
ですよね、こちらもラフマニノフと同じくロシアのチェリストです。ロシアつながりって事ですね!!

ちょっと前にコンサートがあったんですよね~
行けませんでした。

友人が行き、自慢げに「無伴奏チェロ組曲第一」からの斬新な演奏ぶりを話され
かなりの不快感を私に与えてくれたことを思い出しました。(ジェラシーって事ですね)

この2人の芸術家には、色々な意味でのコンプレックスという苦悩が、彼らの芸術を神々しいまでに輝かせていると共通点があるように私には思えるのです。
『苦悩』というフレーズがぴったりの二人って感じです。

で、タイトル最後の「トンカツ」
どのような意味があるのでしょうか?
私が、本日食した昼食のメニューなのです。
で、上記二人との関係は?

なーんもありません。

『苦悩』ってフレーズがまーたく当てはまらない『私』のイメージぴったりって感じでしょう?
いろんな意味で.....

【2008/10/31 (Fri)】 未分類 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 puredioblog All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。